2013年08月21日

minp! 7月30日(火)18時1分配信

minp! 7月30日(火)18時1分配信

7月28日(日)@東京・恵比寿リキッドルール photo by watanabe'kool'syo

今年3月にリリースされたLAST ALLIANCEの最新アルバム「Seventh Sense」を引っさげて全国7箇所で行われてきた「Seventh Sense」ツアーファイナル公演が、7月28日(日)東京・恵比寿リキッドルームにて行われた。小雨が降る中ではあったが、開演前には会場の物販に長蛇の列ができ、Tシャツやタオルは早々に完売するなど、開始前からファンのライブへの並々ならぬ熱い期待値がうかがえた。iPhone 5 ケースコピー

【その他の画像】

大歓声と手拍子に迎えられメンバーが登場すると、1曲目の「BLUE BIRD SHERRY」から早くもダイブするファンが。徐々にテンションを上げている暇などなく、会場のテンションは一気にヒートアップ。iphone 4G ケース

ANZAIはアルバムについて「前作、前々作を踏まえ、過去を踏まえ、また経験をして戦いながら''集大成''を作りました。」と語り「今日は昨日までの集大成。携帯ケース コピー今日1日、みんなと俺らの''集大成''を作りましょう!」と、アルバム『Seventh Sense』から「灯」や「a burning bullet」を披露。

ライブの中盤に差し掛かると、MATSUMURAが「今日はゲストをお呼びしています。ブランド サングラス メンズ」と呼び込み、弦楽器奏者3人とIVORY7 CHORの大西 俊也が登場。アルバムラストに収録されたバラード曲「つぼみ」をゲストと共に熱唱。
iphone 4G カバーグッと華やかさの増したステージに会場全体が吸い込まれるように聴き入っていた。

すっかり楽曲に聴き入っている会場にすかさずANZAIが「俺たち歌を歌いすぎちゃって、みんな退屈かな。携帯ケース コピーパンクロックの時間です。みんなでぶっ飛ばして行きましょう!」と、「Proud of Scar」、「片膝の汚れ」などで会場を大いに盛り上げた。ipad2 ケース

本編では19曲もの楽曲を歌っていたのにも関わらず、会場は興奮冷めやらぬ状況で、アンコールの拍手が沸き続け、それに答える形でメンバーが登場。アンコールでは「偽りのオレンジ」、「ディデュディディ」の2曲を披露。iphone 4G ケース

それでも物足りない会場からのダブルアンコールに答える形で再び登場し「TODAY」「LAST ALLIANCE」を披露。曲のブレイクでヒロシがダイブするなどメンバーのテンションもMAX。レイバン サング ラス最後のサビではファンとの大合唱となり、本日の集大成とも言える美しい光景で全23曲にも及ぶ公演が終了した。26分配信

藻類で産油国に(写真:産経新聞)

 原油価格の高騰や地球温暖化が進む中、石油に代わる再生可能エネルギーとして小さな藻類が脚光を浴びている。携帯カバー藻が作る高品質の油を航空機のジェット燃料などに活用しようと研究開発が進行中だ。大量培養で安価に生産できれば、資源に乏しい日本が「産油国」になれるかもしれない。
グッチiPhone 5 携帯ケース

 微小藻類には、石油とほぼ同じ成分の油を作り貯蔵するものがある。バイオ燃料の原料となるトウモロコシなどと違い、藻類は食糧需要と競合しない上、面積当たりの生産量が陸上植物に比べ桁違いに多い。サングラス メガネ国土の狭い日本にとって利点が多く、実用化を視野に入れた動きが加速している。

 筑波大の渡辺信教授らは4月、仙台市の下水処理施設に実験拠点を開設し、生活排水に含まれる栄養分で藻を育て油を抽出・精製する研究を始めた。ルイヴィトン携帯ケース施設は東日本大震災で被災しており、地域の復興につなげる狙いもある。

 研究には光合成を行う緑藻のボトリオコッカスと、渡辺教授らが沖縄県で発見したコンブの仲間のオーランチオキトリウムという2種類の藻を使う。
シャネル 携帯ケース

 ボトリオコッカスは下水に含まれる窒素などの無機物を肥料にして育てる。細胞外に油を分泌する珍しいタイプの藻で、抽出が容易なのが利点だ。iPhone 5 ケースコピー一方、オーランチオキトリウムは油の生産効率が世界トップクラス。光合成をせず、汚泥などに含まれる有機物を与えて培養する。ルイヴィトンキーホルダー

 平成28年度まで実験し、大量生産や効率化の手法を探る。藻から作る燃料の生産コストは現在、1リットル当たり500~1500円程度とガソリンよりもはるかに高いが、渡辺教授は「まず1リットル当たり200~400円程度まで下げたい」と話す。ray ban 新作

 光合成を行うミドリムシから油を作る研究も進む。東大発ベンチャーのユーグレナ(東京)は油の生産性が高いミドリムシを発見、JX日鉱日石エネルギーなどと共同でジェット燃料の開発に取り組んでいる。ケース コピー

 藻類から油を作る研究は米国が先行しているが、日本は培養や抽出・精製で高い技術力を持つのが強みだ。経済産業省は42年までの実用化を目指して研究開発を後押しする。携帯ケース コピー

 大量培養の技術革新や生産性の高い新種の発見などで、最大の課題である生産コストを引き下げられれば、産油国への仲間入りも夢ではない。
posted by dqwrt at 15:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。